製品案内

  • カタログダウンロード
  • アプリケーションノート
  • キャンペーン情報はこちら
  • デモ機サンプルはこちら
  • 製品動画はこちら
  • 03-3545-5720(東京)
  • 06-6282-4004(大阪)
お問い合わせはこちら

バイアル・ボトルへのバーコードオプション

DWK Life Sciencesは、特定のアプリケーション、ワークフローおよび在庫管理のニーズを満たすために、オプションでバーコードをラベル付けされた、すぐに使用できるパッケージをご提供できます。ダイレクトマーク 、接着剤での貼付け、セラミックラベリングは、トレーサビリティを向上させ、データ識別を簡素化でき、プロセスを合理化します。バーコードオプションは、コスト、スペースおよびオンサイトパッケージング操作の継続的なメンテナンスを減らします。

バーコードは、識別可能なるテキスト・数字および色分けされた固定データ、可変データおよびシリアル化データをCODE128、CODE39、Datamatrix(2D)、QRコードなどの形式で提供可能です。

カスタマイズオプションには、風袋計量、事前分類、順序付けおよび番号付けの包装が含まれ、テストと評価を加速し、流通過程のトレーサビリティを確実にします。

利点

  • 圧着性:さまざまな化学薬品や環境に耐えるように設計された従来のラベルは、プラスチックおよびガラスのラベリングアプリケーションに広く対応するために、単色または多色の部分印刷およびフル印刷で提供されます。
  • ダイレクトマークの利点 特殊なインクによる接着剤の使用が不要になります。革新的な硬化プロセスにより、風袋軽量が必要なプラスチックおよびガラス製品に最適です。
  • 高い耐久性:セラミックラベルはガラス容器に焼き付けられています。これにより極端な温度や過酷な化学物質への暴露での保管および最高精度の風袋計測アプリケーションに最適です。
  • ワークフローの合理化:風袋計量されたバイアル・ボトルの場合、事前計量によりワークフローを改善でき、準備時間を短縮し、重量の精度を保証します。正確な位置に配置されたバーコードは、自動化でのバーコードの読み取りを確実にします。
  • 説明責任の向上:重要なラボウェア要素とパッケージ化されたコンテンツにラベルを付けることで、トレーサビリティと追跡性が向上します。
  • 労働時間を削減:ラベルが貼られたパッケージは手作業を排除し、ラベル貼付けに関する課題を無くし、1日あたり約30分の作業を減少できます。
  • 簡単な識別:色要素とすぐに使用できるパッケージによる視覚的な識別を裏付けます。
  • 時間の節約:しわやデータのずれなど手動ラベル印刷のミスによる時間ロスを減らします。

ダイレクトマーキングサービス

用途の広いダイレクトマーキングサービスにより、コンプライアンスを維持できます。

プラスチックまたはガラスでも、少量または大量でもDWK Life Sciencesのレーザーマーキングサービスによりパッケージ材料を便利でカスタマイズされたラベルサービスを提供できます。DirectMarkプロセスにより、UVインク、レーザーまたはサーマルマーキングが容器材料に直接付加されるため、接着剤が不要になります。容器材料の化学的・温度・保管特性に応じて、正しい選択を行うお手伝いをします。すぐに使用できるマーキングおよびラベリングサービスは、トレーサビリティを改善し、ハンドリングの非効率性を排除します。内容識別をより容易にするために、カラーアプリケーションも利用可能です。

利点

  • 高い信頼性:医療アプリケーションのために設定された高い基準及び、プロセスを正確に追跡する持続可能なラベリングソリューション
  • 堅牢:長期の温度と化学物質への暴露に対してマーキングの完全性を維持
  • 高い費用対効果:DWKのテクノロジーにより、短期間に最高の価値を提供できます。
  • 4色プロセス:フルカラーイメージでの提供可能

サービスの詳細・お見積りは、 お問合せ下さい。

PAGE TOP