製品案内

  • カタログダウンロード
  • アプリケーションノート
  • キャンペーン情報はこちら
  • デモ機サンプルはこちら
  • 製品動画はこちら
  • 03-3545-5720(東京)
  • 06-6282-4004(大阪)
お問い合わせはこちら

T5 Exonuclease

T5 Exonuclease(T5エキソヌクレアーゼ)は、その基質(ssDNAまたはdsDNA)を5'→3'方向に効率的に消化します。 T5 Exonucleaseは、フラップ構造(遊離の一本鎖5 '末端を含む分岐二本鎖DNA)に対してエンドヌクレアーゼ活性を示します。 T5 Exonucleaseは二本鎖スーパーコイルDNAに影響を与えないことが示されています。

アプリケーション

  • プラスミド突然変異誘発法
  • アルカリ溶解ベースのプラスミド精製手順中に分離された変性DNAの除去
  • プラスミドシーケンシングテンプレートの作製

Fig1. T5エキソヌクレアーゼによる線状dsDNAの分解

線状dsDNA基質をT5 Exonucleaseとともに37℃で30分間インキュベートしました。 反応生成物を1%アガロースゲルで分析しました。

ユニットの定義
1ユニットは、二本鎖DNAから37℃で30分間、総反応量50μlで1nmolの酸可溶性デオキシリボヌクレオチドを生成するのに必要な酵素の量として定義されます。
至適温度/温度不活性
至適温度:37℃
温度不活性:―
品質管理
純度:>95%(SDS-PAGE)
エンドヌクレアーゼフリー
保存温度
-20℃
保存バッファー
50 mM Tris-HCl, 100 mM NaCl, 1 mM DTT, 0.1 mM EDTA, 50% Glycerol, 0.1% Triton X-100, pH 7.5
商品名 容量 濃度 Cat.No.
T5 Exonuclease 1,000U 10U/µl M061S
2,000U 10U/µl M061M
5,000U 10U/µl M061L
内容
T5 Exonuclease
10X EzBuffer IV

PAGE TOP