製品案内

  • カタログダウンロード
  • アプリケーションノート
  • キャンペーン情報はこちら
  • デモ機サンプルはこちら
  • 製品動画はこちら
  • 03-3545-5720(東京)
  • 06-6282-4004(大阪)
お問い合わせはこちら

RNase A

アプリケーション

  • DNA調製物からRNAを除去
  • DNA-RNAまたはRNA-RNAハイブリッドからハイブリダイゼーションしていないRNA部分を除去

Ribonuclease A(RNase A)は一本鎖RNAをピリミジン残基の3’末端で切断し、3’末端にピリミジン残基を持つオリゴリボヌクレオチド3’リン酸化物を生成するエンドリボヌクレアーゼです。RNase Aが隣接するピリミジン塩基を切断すれば、ピリミジン-3'-一リン酸も放出されます。DuraScribe® T7 & SP6 Transcription Kitを利用したin vitro転写により合成したピリミジン-2’-フルオロdNMPを含む修飾RNA(DuraScript® RNAなど)はRNase Aにより切断を全く受けません。

組成および濃度
保存バッファー1 mLあたり5 mgの酵素を含有します。
保存バッファー
50 mM Tris-HCl (pH7.5)、0.1 M NaCl、0.1 mM EDTA、1 mM DTT、0.1% Triton® X-100を含む50%グリセロール溶液
品質管理
RNase Aは、エキソデオキシリボヌクレアーゼ活性およびエンドデオキシリボヌクレアーゼ活性のコンタミがないことを確認しています。
至適温度/温度不活性
至適温度:37℃(15-70℃)
温度不活性:非推奨
製品名 Cat.No. 濃度 容量
RNase A MRNA092 5 mg/ml 2ml

カタログダウンロード

Epicentre 製品カタログ

PAGE TOP