製品案内

  • カタログダウンロード
  • アプリケーションノート
  • キャンペーン情報はこちら
  • デモ機サンプルはこちら
  • 製品動画はこちら
  • 03-3545-5720(東京)
  • 06-6282-4004(大阪)
お問い合わせはこちら

Endonuclease VIII

大腸菌由来のEndonuclease VIII(エンドヌクレアーゼ VIII)は、N-グリコシラーゼとAP-リアーゼの両方として機能します。 N-グリコシラーゼ活性は、損傷したピリミジンを二本鎖DNAから放出し、アプリニン(AP部位)を生成します。 APリアーゼ活性はAP部位への3 'と5'を切断し、5 'リン酸と3'リン酸を残します。Endonuclease VIIIによって認識および除去される損傷した塩基には、尿素、5,6-ジヒドロキシチミン、チミングリコール、5-ヒドロキシ-5-メチルヒダントイン、ウラシルグリコール、6-ヒドロキシ-5、6-ジヒドロチミン、およびメチルタルトロニル尿素が含まれます。Endonuclease VIIIはEndonuclease IIIに類似していますが、Endonuclease VIIIはβおよびδリアーゼ活性を有し、Endonuclease IIIはβリアーゼ活性を有します。

アプリケーション

  • DNAの損傷と修復の研究
  • シングルセル電気泳動(comet assay)
  • DNA構造研究
  • アルカリ巻き戻し

Fig1. AP部位を含むDNAのEndonuclease VIIIによる切断

20pmolの5’末端をラベルしたdsDNA基質をEndonuclease VIIIと37℃、1時間インキュベートされました。DNAの切断は電気泳動にて確認されました。

ユニットの定義
1ユニットは、10pmolの蛍光標識されたオリゴヌクレオチド二本鎖を含む1X Endonuclease VIII反応buffer 10μl(総容量)において37℃、1時間に単一のAP部位*を含む34merオリゴヌクレオチド二本鎖1pmolを切断するのに必要な酵素の量として定義されます。
(* AP部位は、単一のウラシル残基を含む10pmolの34merオリゴヌクレオチド二重鎖を1ユニットのウラシル-DNAグリコシラーゼ(UDG)で37℃で2分間処理することによって作成されます。)
至適温度/温度不活性
至適温度:37℃
温度不活性:75℃、10分間
品質管理
純度:>99%(SDS-PAGE)
エキソヌクレアーゼフリー
保存温度
-20℃
保存バッファー
10 mM Tris-HCl (pH 8.0), 250 mM NaCl, 0.1 mM EDTA, 50% Glycerol
Reaction buffer (10X)
100 mM Tris-HCl (pH 8.0), 750 mM NaCl, 10 mM EDTA
商品名 容量 濃度 Cat.No.
Endonuclease VIII 1,000U 10U/µl M034S
5,000U 10U/µl M034L

PAGE TOP