製品案内

  • カタログダウンロード
  • アプリケーションノート
  • キャンペーン情報はこちら
  • デモ機サンプルはこちら
  • 製品動画はこちら
  • 03-3545-5720(東京)
  • 06-6282-4004(大阪)
お問い合わせはこちら

Benzonase

Serratia marcescens由来の遺伝子組み換えBenzonase(ベンゾナーゼ)ヌクレアーゼは、タンパク質分解活性を持たずに、あらゆる形態のDNAおよびRNA(一本鎖、二本鎖、線状および環状)を分解します。幅広い条件で効果があり、非常に高い比活性を有します。核酸を完全に消化して、核酸のコンタミネーションの除去に理想的な長さが3〜5塩基(ハイブリダイゼーション限界未満)の5'-一リン酸末端オリゴヌクレオチドにします。

特徴

Benzonaseは、非常に高い比活性を持ちながら、あらゆる形態のDNAおよびRNAを分解します。バッファー条件に対して広範囲にわたって活性があり、検出可能なタンパク質分解活性がありません。

アプリケーション

  • 核酸の効果的な除去
  • タンパク質溶液の粘度低下
  • タンパク質精製の増強
  • 細胞凝集の防止

Fig1. 1μg pSK-M2プラスミドは、左記ユニット数のBenzonaseで37℃、10分間処理されました。

ユニットの定義
1ユニットは、30分で1.0のΔA260をもたらす酵素の量として定義されます。これは37μgのDNAの完全な消化に相当します。
品質管理
SDS-PAGEでシングルバンドとして検出
保存温度
-20℃
保存バッファー
50 mM Tris-HCl pH 8.0, 20 mM NaCl, 2 mM MgCl2, 50% Glycerol
製品名 容量 濃度 Cat. No.
Benzonase 2,500 U 25U/µl M018S
10,000 U 25U/µl M018L
25,000 U 250U/µl M018H
内容
Benzonase
滅菌水

PAGE TOP