製品案内

  • カタログダウンロード
  • アプリケーションノート
  • キャンペーン情報はこちら
  • デモ機サンプルはこちら
  • 製品動画はこちら
  • 03-3545-5720(東京)
  • 06-6282-4004(大阪)
お問い合わせはこちら

A-Plus™ Poly(A) Polymerase Tailing Kit

A−Plus™ Poly(A) Polymeraseは、基質としてATPを使用して、RNA分子の3’末端にpoly(A)を付加します1。A-Plus™ Poly(A) Polymerase Tailing Kitは、poly(A)を付加するのに必要な酵素やその他の試薬が入っています。

Applications

  • poly(A) の付加は安定性を増加させるので、真核生物へのランスフェクション、もしくはマイクロインジェクション後の翻訳の効率を増加させます2,3,4
  • RNA分子へのpoly(A) の付加は、first-strand cDNAのためのプライマーサイトを3'末端に作製します
  • 核酸増幅もしくは遺伝子発現研究のためのploy(A)付加したRNAの合成
  • RNAの3'末端のRI標識5
  • mRNAの定量6

利点

  • 高純度、高活性
  • 簡便・迅速・高効率
Figure 1

In vitro転写キットを用いて作製されたキャップ付加RNA(60mg, 1760base ルシフェラーゼRNA)を8 unitのA-Plus™ Poly(A) Polymeraseで上記時間反応させました。

ユニット定義

50 mM Tris-HCl (pH 8.0)、250 mM NaCl、10 mM MgCl2および1 mM ATPからなる反応混合物において37°C、10分間で1nmoleのAMPを酸不溶性形態への取り込みを触媒するpoly(A) polymeraseの活性を1単位とする。

保存バッファー

50mM Tris-HCl (pH 7.5), 100 mM NaCl, 1 mM DTT, 0.1 mM EDTA, and 0.1% Triton X-100を含む50%グリセロール溶液.

10X A-PlusT™ Poly(A) Tailing Buffer

0.5 M Tris-HCl (pH 8.0), 2.5 M NaCl及び100mM MgCl2
別途10mM ATP溶液が付属します。

品質管理

A-Plus Poly(A) PolymeraseがRNAのポリアデニル化を行うこと、検出可能なRNase活性、DNAエンドヌクレアーゼ活性のコンタミがないことを確認しています。

References

  1. Gething, M et al. (1980) Nature 287, 301.
  2. Drummond, DR et al. (1985) J. Cell. Biol. 100, 1148.
  3. Galili, G et al. (1988) J. Biol. Chem. 263, 5764.
  4. Belasco, J and Brawerman, G. (1993) Control of Messenger RNA Stability, Academic Press, San Diego, CA.
  5. Lingner, J and Keller, W, (1993) Nucleic Acids Res. 21, 2917.
  6. Krug, MS and Berger, SL. (1987) Methods Enzymol. 152, 262.
商品名 Cat.No. Size
A-Plus™ Poly(A) Polymerase Tailing Kit C-PAP5104H 50 Reactions (400 Units)

キット内容

  • A-Plus™ Poly(A) Polymerase
  • 10X A-Plus™ Poly(A) Tailing Buffer
  • 10 mM ATP
  • Sterile RNase-Free Water

カタログダウンロード

CellScript社製品カタログ

PAGE TOP