製品案内

  • カタログダウンロード
  • アプリケーションノート
  • キャンペーン情報はこちら
  • デモ機サンプルはこちら
  • 製品動画はこちら
  • 03-3545-5720(東京)
  • 06-7739-7114(大阪)
お問い合わせはこちら

ハイスループット残存白血球カウンター ADAM-rWBC HT

ADAM-rWBCは、白血球を除去した血液製剤の中の残存する白血球数(rWBCs)を自動で計測します。自動化された細胞カウントは、作業者のバイアスや主観的な解釈を排除します。ハイスループットアッセイが可能になったADAM-rWBC HTは、簡易かつ高い利便性で血液製剤の生産効率を高め、50サンプルを50分で自動測定します。

測定原理

ADAM-rWBC HTのシステムでは、ヨウ化プロピジウム(PI)を用いて白血球細胞の核を染色し、その蛍光を検出します。スライド上にオートフォーカスし、取得した63イメージを測定して平均値から結果を算出することで精度と信頼性を高めています。

特徴:操作の簡易性

ADAM-rWBC HT、アッセイに必要な従来の手順を大幅に削減します。以下のような操作は必要ではなくなります。

ADAM-rWBC HT :3ステップの簡単操作

特徴:操作の簡易性

ADAM-rWBC HTは一度に最大50サンプルのカウントを可能にし、1サンプルをカウントするのに掛かる時間は45秒です。比類のない容易さとスピードで残留白血球(rWBC)をカウントします。サンプルがロードされたスライドをデバイスに挿入すると、すべての手順が自動で実行されます。

フローサイトメトリー法との比較

様々な白血球量の血液を用いて、フローサイトメトリー法とADAM-rWBCの計測結果を比較しました。ADAM-rWBCシリーズは、フローサイトメトリー法と同等の測定結果を示しました。

RBC製剤サンプル

血小板製剤サンプル

製品仕様

計測時間 45秒/テスト(50分/50テスト)
測定レンジ 1〜100 cells /μL
重量 120 kg
寸法 (WxLxH) 1020 x 670 x 703 mm
電圧 100-240 V

カタログダウンロード

ADAM-rWBC HT カタログダウンロード

PAGE TOP