製品案内

  • アプリケーションノート
  • キャンペーン情報はこちら
  • デモ機サンプルはこちら
  • 製品動画はこちら
  • 03-3545-5720(東京)
  • 06-6282-4004(大阪)
お問い合わせはこちら

TypeOne™ Restriction Inhibitor

アプリケーション

  • 真正細菌や古細菌³に広く見られるタイプIの制限修飾系をブロックすることでの未修飾DNAの形質転換効率の増加
  • EZ-Tn5™ Transposome™ complexeの挿入効率の増加²

多くのバクテリアでは、”外来のもの”として認識され未修飾DNAを切断する制限修飾システムが存在するために、形質転換が難しい菌もあります。" TypeOne™ Restriction Inhibitor* は、タイプIの制限修飾系をもつバクテリアにおいて形質転換効率を増加させる強力な手法です。Ocr¹と呼ばれるファージタンパク質から調製されており、TypeOne Inhibitorは、形質転換するDNAと一緒にエレクトロポレートされます。In vivoにおいて、タンパク質は分子デコイとして働き、タイプI制限修飾系のDNA結合部位をブロックし、DNAのせん断を防ぎます。

利 点

  • 簡単な使用 : 非修飾DNAもしくはTransposomeに加えて標準の方法でエレクトロポレートするだけです。
  • 既知のタイプI制限修飾系の酵素ファミリー1をブロックすることでバクテリアの形質転換効率を上げます。

Table 1. Effect of TypeOne™ Restriction Inhibitor on transformation efficiencies.

菌種名
(Type I R-M system)
TypeOne™ Inhibitor DNAの種類、もしくはTransposome™ Recombinants per μg DNA
S. typhimurium LT2
(StyL TIII)
- pUC19 (100 pg) 3.0 X 106
S. typhimurium LT2
(StyL TIII)
+ pUC19 (100 pg) 3.0 X 108
E. coli MG1655 (EcoK1) - 48 kb fosmid (50 ng) 3.0 X 103
E. coli MG1655 (EcoK1) + 48 kb fosmid (50 ng) 1.4 X 106
S. typhimurium LT2
(StyL TIII)
- EZ-Tn™ <R6Kγori/KAN-2>Tnp Transposome™ (1 μl) 1.3 X 104
S. typhimurium LT2
(StyL TIII)
+ EZ-Tn™ <R6Kγori/KAN-2>Tnp Transposome™ (1 μl) 1.0 X 106

References

  1. Walkinshaw, M.D. et al. (2002) Molec. Cell 9, 187.
  2. Hoffman, L.M. et al. (2002) EPICENTRE Forum 9 (2), 8.
  3. Murray, N.E. et al. (2000) Microbial. Molec. Biol. Rev. 64, 412.

*Covered by issued and/or pending patents.

商品名 Cat.No. 梱包容量
TypeOne™ Restriction Inhibitor TY0261H 100 μg

PAGE TOP