製品案内

  • アプリケーションノート
  • キャンペーン情報はこちら
  • デモ機サンプルはこちら
  • 製品動画はこちら
  • 03-3545-5720(東京)
  • 06-6282-4004(大阪)
お問い合わせはこちら

TransforMax™ EPI300™-T1R Electrocompetent E. coli

Phage T1-耐性TransforMax EPI300-T1R E. coli はTransforMax EPI300 E. coli コンピテント細胞にバクテリオファージT1およびT5(tonA genotype)耐性にしているコンピテント細胞です。

クローニングに用いられるE. coli 株は、ラボ環境内ではバクテリオファージT1によって即時に溶解され、研究のタイムロスや重要なクローンの損失にもつながります。

バクテリオファージT1はラボ内から取り除くことは非常に難しく、何年にも及んで存在します。tonA genotypeがphage T1-耐性TransforMax ECPI300-T1R 細胞を保護し、重要なクローンをバクテリオファージT1から守ります。

TransforMax™ EPI300™ E. coli 同様にCopyControl™ Cloning System専用に作られたコンピテント細胞です。

コンピテント細胞には、CopyControl™ pCC1™ ベクターやEZ-Tn5™ Insertion KitによってCopyControlの能力を組み込まれたベクター内に存在するoriVの複製開始点を開始させるために必要な変異trfA遺伝子を含んでいます。trfA遺伝子は誘導プロモーター (inducible promoter) によってコントロールされています。CopyControl™ Induction SolutionはtrfA遺伝子の発現を誘導しoriVを活性化させます。結果DNAを高収率で得ることができます。

Benefits

  • tonA がファージT1およびT5に耐性
  • CopyControlクローンおよび EZ-Tn5 <oriV/KAN-2> Transposonによって改変されたクローンはtrfA 遺伝子によってコピー数誘導プロモーターを厳しくコントロールされます
  • あらゆるサイズのクローンに対して高い形質転換効率が認められます
  • 組換え体のblue/whiteスクリーニングにはlacZΔM15 を使用しています
  • ゲノムライブラリー用に大きなサイズのインサーションDNAも受け入れます
  • 制限マイナス (mcrA, Δ(mrr-hsdRMS-mcrBC)) がメチル化DNAのクローニングも可能にします
  • エンドヌクレア-ゼ マイナス (endA1) がDNAを効率よく産出します
  • 組換えマイナス (recA1) が大きなクローンインサートを安定化して保持します

Geneotype

F- mcrA Δ(mrr-hsdRMS-mcrBC) Φ80dlacZΔM15 ΔlacX74 recA1 endA1 araD139 Δ(ara, leu)7697 galU galK λ- rpsL (StrR) nupG trfA tonA

製 品 名 Catalog No. Size
TransforMax™ EPI300™-T1R Electrocompetent E. coli EC02T110 10 x 100 μl
pUC19 control DNAを含みます。
CopyControl™ Induction Solution CCIS125 25 ml
1,000X濃度溶液、フィルター滅菌済み

PAGE TOP