製品案内

  • アプリケーションノート
  • キャンペーン情報はこちら
  • デモ機サンプルはこちら
  • 製品動画はこちら
  • 03-3545-5720(東京)
  • 06-6282-4004(大阪)
お問い合わせはこちら

TransforMax™ EC100D™ pir+ and pir-116 Electrocompetent E. coli

R6Kγoriを含むプラスミドのレスキュークローニング

  • EZ-Tn5™ <R6Kγori/KAN-2> Insertion kitやTransposome™を使用して作製されたトランスポジションミュータントのレスキュークローニング
  • EZ-Tn5™ <R6Kγori/KAN-2> Insertion kitで付加されたプラスミドの増殖

TransforMax™ EC100D™ pir+ Electrocompetent E. coliとTransforMax™ EC100D™ pir-116 Electrocompetent E. coli は、R6Kγ複製起点を含むプラスミドの複製に必要なπタンパク質(pir 遺伝子産物)を発現しています。エピセンター社のTransforMax™ EC100™ Electrocompetent E. coli にdihydrofolate reductase (DHFR)マーカーに結合しているpir+ もしくは、pir-116 遺伝子形質導入することにより作製されています。

TransforMax EC100D pir+ cellは、毒性もしくは不安定なDNA配列のためにR6Kγori を含むプラスミドを1細胞あたり約15コピーに維持します。 TransforMax EC100D pir-116 cell、1細胞あたり<250コピーになります。¹

Benefits

  • ラージレスキュークローンの安定性や偏らない増殖のために大きなクローンを受容
  • 組換え体のblue/whiteスクリーニングにはlacZΔM15 を使用しています。
  • 制限酵素マイナス [mcrA, Δ(mrr-hsdRMS-mcrBC)]がメチル化DNAのクローニングも可能にします。
  • エンドヌクレアーゼマイナス(endA1)がDNAを効率よく産出します。
  • 組換えマイナス(recA1) が大きなクローンインサートを安定化して保持します。

Genotypes

TransforMax EC100D pir+ Electrocompetent E. coli:
F- mcrA Δ(mrr-hsdRMS-mcrBC) φ80dlacZΔM15 ΔlacX74 recA1 endA1 araD139 Δ(ara, leu)7697 galU galK λ- rpsL (StrR) nupG pir+(DHFR)
TransforMax EC100D pir-116 Electrocompetent E. coli:
F- mcrA Δ(mrr-hsdRMS-mcrBC) φ80dlacZΔM15 ΔlacX74 recA1 endA1 araD139 Δ(ara, leu)7697 galU galK λ- rpsL (StrR) nupG pir-116(DHFR)
Transformation Efficiency
> 1 x 109 cfu/μg with pR6Kan control DNA.

References

1. Metcalf, W.W. et al. (1994) Gene 138, 1.

商品名 Cat.No. Size
TransforMax™ EC100D™ pir+ Electrocompetent E.coli ECP09500 5 x 100 μl
R6Kγoriを含むcontrol vectorを含みます。
TransforMax™ EC100D™ pir-116 Electrocompetent E.coli EC6P095H 5 x 100 μl
R6Kγoriを含むcontrol vectorを含みます。

PAGE TOP