製品案内

  • アプリケーションノート
  • キャンペーン情報はこちら
  • デモ機サンプルはこちら
  • 製品動画はこちら
  • 03-3545-5720(東京)
  • 06-6282-4004(大阪)
お問い合わせはこちら

T4 RNA Ligase 2, Deletion Mutant

アプリケーション

  • RNA-Seqのようなsmall-RNAトランスクリプトーム解析のためのcDNAライブラリーの調製
  • miRNAクローニングのための最適なlinker ligation

T4 RNA Ligase 2, Deletion Mutantは、T4Rnl2(1-249)としても知られ、クローニングや次世代RNAシーケンスのために1本鎖のアデニル化DNAもしくはRNAヌクレオチドをsmall RNAへの結合するために使用されます。アデニル化されたDNAもしくはRNAの5´末端がRNAの3'末端へ結合されます。完全長の酵素, T4Rnl2(1-249)とは異なり、ATPの存在下で基質の5'末端をアデニル化することはできません。しかしながら、予め活性化されたドナー(App-DNAもしくはApp-RNA)を使用することができ、アクセプターの3'末端へ結合します。ATP非存在下でのライゲーション反応は環状化や他の望ましくない2分子間反応を防ぐことができます。

ユニットの定義
標準的な条件下で37℃、30分間に39-merの相補鎖DNAにアニールするときに、22-mer RNAがアデニル化した17-mer DNAへ50%結合するのに必要な酵素量を1ユニットとする。
保存バッファー
50% glycerol containing 50 mM Tris-HCl (pH 7.5), 0.1 M NaCl, 0.1 mM EDTA, 1 mM dithiothreitol (DTT), and 0.1% Triton® X-100.
T4 RNA Ligase 2, Deletion Mutant, 10X 反応バッファー
500 mM Tris-HCl (pH 7.5), 20 mM MgCl2, and 10 mM DTT.
品質管理
T4 RNA Ligase 2, Deletion Mutantは検出可能なDNAエキソヌクレアーゼ活性、DNAエンドヌクレアーゼ活性およびRNase活性がないことを確認しています。
製品名 Cat.No. Size
T4 RNA Ligase 2, Deletion Mutant LR2D1132K 2,000 Units
LR2D11310K 10,000 Units

PAGE TOP