製品案内

  • カタログダウンロード
  • アプリケーションノート
  • キャンペーン情報はこちら
  • デモ機サンプルはこちら
  • 製品動画はこちら
  • 03-3545-5720(東京)
  • 06-6282-4004(大阪)
お問い合わせはこちら

Gene Knockout Kit v2

新しいマルチガイド戦略を使用した確実なヒト由来細胞のタンパク質ノックアウト

マルチガイドデザインにより、最初の試行で確実性の高い遺伝子ノックアウトを行います。一般的なCRISPRノックアウト戦略は、ランダムインデルを生成する個々のガイドRNAに依存しています。 この戦略は、発生する可能性のある編集の多様性と予測不能性のために非効率的であり、多くの場合、機能的なノックアウトを生成しません。

Gene Knockout Kit v2は、フラグメントのdeletionを誘導する最大3つの空間的に調整された修飾sgRNAで構成される新しいマルチガイド戦略を可能とします。Synthegoのスマートインフォマティクスを活用したデザインツールは、最初の試行でヒトタンパク質をコードする遺伝子を確実にノックアウトするカスタムマルチガイドsgRNAを生成します。

*本製品は研究用です。人又は動物の治療又は診断用に使用しないでください。

<ユーザーVoice>

Guide design is often difficult and results in many trial-and-error cycles without success, but Synthego's Gene Knockout Kit worked straight out of the gate! We have tried other kits but this resulted in a knockout on the first try.
Molly OhAinle, Ph.D.
Staff Scientist, Fred Hutchinson Cancer Research Center

より確実なタンパク質ノックアウト

独自のマルチガイドアルゴリズムを搭載したGene Knockout Kit v2は、最初の試行でヒトタンパク質をコードする遺伝子のノックアウトを可能にします。

  • 各sgRNA配列はSpCas9ヌクレアーゼ(S. pyogenes)を使用したゲノム編集用にデザイン
  • 初代培養細胞,幹細胞を含む様々なヒト細胞に
  • より確実なデザイン
    独自のマルチガイドデザインにより、完全な遺伝子ノックアウトが実現します。
  • マルチガイドsgRNAは化学的に修飾されており,RNA分解や細胞内免疫応答が抑えられます。
  • ターゲット固有のマルチガイドsgRNAのチューブが1つ(3 sgRNA /チューブ)付属
  • NucleofectionおよびLipofectionのトランスフェクションプロトコール*

*最良の結果を得るには、細胞を最適化するためのトランスフェクション最適化キット(オプション)をご使用ください。特定の細胞株のトランスフェクション条件を最適化するのに役立つコントロールマルチガイドsgRNAおよびCas9が含まれています。

マルチガイドデザインはフラグメントのDeletionをどのように誘導しますか?

独自のスマートインフォマティクスを搭載したマルチガイドデザインは、目的の単一遺伝子をターゲットとする最大3つのsgRNAで構成されています。 ガイドは空間的に調整され、初期のエクソンでフラグメントのdeletionをもたらすガイドrepairを誘導します。 これが最も信頼できるノックアウト戦略です。

ICEデータはこちら

SynthegoのマルチガイドsgRNAには、目的の単一遺伝子をターゲットとする最大3つの修飾sgRNA(灰色のバー)が含まれています。同時トランスフェクションすると、sgRNAは標的ゲノム遺伝子座で同時二本鎖切断(縦の点線)を作成し、その結果、1つ以上の21+ bpフラグメントのdeletionを誘発します。

マルチガイドデザインは、一貫したフラグメントのdeletion(NGSによって検証)を引き起こします

典型的なガイドRNA戦略はインデルの生成に依存していますが、インデルは常に完全な遺伝子破壊をもたらすとは限りません。Synthegoのマルチガイドアプローチは、標的遺伝子座で一貫して欠失を生成するため、遺伝子ノックアウトに自信を持つことができます。

樹状細胞(Nucleofectionによる遺伝子導入された)の2つの遺伝子ターゲット(TNF、TLR4)について、個々vsマルチガイドsgRNA編集を比較しました。MiSeqでターゲット遺伝子座をシーケンスすることで編集効率を分析し、編集結果に基づいてシーケンス結果を分類しました(インデルなし、50bp以上の大きなDeletion、50bp未満の小さなdeletion、insertion)。積み上げ棒はシーケンスの割合を表します。 各ターゲットのマルチガイドsgRNAは、75%を超える大規模なdeletion結果をもたらしました。Dr. Marco Jost and Dr. Jonathan Weissman, University of California, San Francisco, Dr. Amy Jacobson and Dr. Michael Fischbach, Stanford University

フラグメントのdeletionにより標的タンパク質が消失します

マルチガイドsgRNA編集によって引き起こされるフラグメントのdeletionは、細胞のクローンを行っていない状態で7日後にタンパク質ノックアウトをもたらしました。

ICEデータはこちら

マルチガイドsgRNAは、遺伝子破壊とタンパク質発現の損失をもたらします。
左:マルチガイドアプローチを使用した3つの遺伝子(CDK9、CINP、COASY)の編集により、(フラグメントのdeletionやフレームシフト‐インデル誘発を含む推定ノックアウトをもたらす配列の割合)のノックアウト(KO)スコアで示される高いノックアウト効率が得られました 。
右:ウェスタンブロットでは、模擬処理された細胞と比較して、対応するタンパク質のdeletionが示されました(sgRNAまたはCas9なし)。 HEK293細胞にNucleofectionによるマルチガイドsgRNAを遺伝子導入しました。
トランスフェクション後7日間、細胞を免疫ブロット分析により標的タンパク質について評価しました(ノーマリゼーションにGAPDHを使用)。

あらゆるヒトタンパク質コーディング遺伝子の最も信頼できるノックアウト戦略

CRISPR戦略を向上させ、前例のない予測可能性で、ヒトのタンパク質をコードする遺伝子を自信を持ってノックアウトします。Synthegoのマルチガイドデザインは、ノックアウトを生成するために個々のsgRNAに依存する戦略と比較して、Gene Knockout Kit v2は一貫して高いノックアウト(KO)スコアをもたらし、最高のノックアウトの解決策になります。

32遺伝的標的にわたって、個々のsgRNAフォーマット(69.6%KOスコア)と比較して、マルチガイドフォーマット(89.9%KOスコア)で導入した場合、ノックアウト効率の中央値が29.2%向上しました。

キット内容

マルチガイドsgRNA

Nuclease-free Tris-EDTA buffer

Nuclease-free water

*トランスフェクション最適化キットは含まれておりません。最良の結果を得るためにご使用をお勧めします。

価格・ご注文方法

ヒトの標的遺伝子名(タンパク質名)をご指定の上,オプションとして,Cas9 2NLS NucleaseまたはTransfection Optimization Kit(Multi-guide) のご注文の有無をご記入下さい。

専用注文書を電子メール添付にて E-mail(synthego_crispr@arbrown.com)で弊社へお送りください。

専用注文書はこちら

PAGE TOP