製品案内

  • カタログダウンロード
  • アプリケーションノート
  • キャンペーン情報はこちら
  • デモ機サンプルはこちら
  • 製品動画はこちら
  • 03-3545-5720(東京)
  • 06-6282-4004(大阪)
お問い合わせはこちら

ゲノム編集細胞受託サービス

CRISPR-Cas9システムによるノックアウト等のゲノム編集細胞受託サービスです。

Synthegoゲノム編集細胞受託サービス

*本製品は研究用です。人又は動物の治療又は診断用に使用しないでください。

ノックアウト細胞プール 標的タンパク質をノックアウトしたノックアウト細胞プールの受託作成
CRISPRノックアウト細胞クローン 確認済みシーケンスのノックアウトクローン細胞株の受託作成
Advanced Cells ご要望に合わせたゲノム編集細胞株の受託作成
iPS細胞ゲノム編集受託サービス CRISPR編集された保証済みiPS細胞プールとクローン

ノックアウト細胞プール

標的タンパク質をノックアウトしたノックアウト細胞プールの受託作成

CRISPR-Cas9は強力な研究ツールですが、この革新的な技術を習得には時間がかかります。Synthego社がお客様に代わって,sgRNAのデザイン,トランスフェクション最適化、遺伝子編集、およびシーケンス検証を実施から構成される,Synthego社の厳格な細胞ゲノム編集プロセスで各ノックアウト細胞プールを作製します。お客様でCRISPRの編集を最適化するのではなく、研究に時間を費やすことができます。

すべての注文には、ノックアウトプールの2つのバイアル(編集された細胞の混合集団)、未編集の細胞の2つのバイアル、および製品レポートが含まれます。

<ユーザーVoice>

Synthego’s Knockout Cell Pool allowed us to get started using genome engineering in our research without having to learn and optimize CRISPR assays. It’s more efficient to have Synthego’s experts do the editing to generate results we can trust. We can stay focused on what we’re good at and generate higher quality data much faster.
John LaCava, Ph.D.
Research Assistant Professor, The Rockefeller University

特徴

  • 50%以上の遺伝子ノックアウトが保証された状態で届くため、最適化は不要です。
  • 確かなノックアウト細胞株で下流のアッセイ結果に信頼性をもたらします。
  • わずか4週間で、数百のヒト細胞株に含まれる遺伝子のノックアウト細胞プールを作成
  • ノックアウト細胞プールは細胞をすぐにアッセイでき、クローン分離に進むことができます。

CRISPRを200ものトランスフェクションを最適化します。

2つの細胞株が同じではないため、すべての細胞に最適なCRISPRプロトコールはありません。最適な条件が使用されるように、すべての単一細胞株に対して迅速なハイスループット最適化を実行します。これにより各ノックアウト細胞プールは最低50%のノックアウト効率を保証し、お客様は直接、機能アッセイまたはクローン株樹立に進むことができます。

トランスフェクションが困難な細胞株は、Synthegoの細胞株トランスフェクション最適化により克服されます。 例では通常7%未満で編集するTHP-1細胞では、200ポイントのトランスフェクション最適化により、82%の編集効率を達成する条件が特定されました。 タンパク質レベルの少なくとも50%の低下を保証し、通常75%以上のノックアウト効率を確認しました。

細胞株で50%以上のCRISPRノックアウトを保証

ノックアウト細胞プールを使用すると、あらゆる細胞株で高効率のノックアウトを達成できます。 数百の利用可能な細胞株から選択します。ICEデータはこちら

100以上の細胞株でRELA遺伝子座を編集する200の条件をテストすることにより、編集効率を最適化しました。 高い細胞生存率と最高のインデル効率を示した設定が、その細胞株を編集するためのプロトコールとして選択されます。 上記は24の一般的な細胞株のデータのノックアウト効率です。編集効率は、切断部位のPCR増幅、サンガー配列決定、それに続くICE分析によって計算されました。

最大95%のタンパク質ノックアウト効率によりクローン分離作業を低減

Synthegoのノックアウト細胞プールは、クローンの増殖なしで95%のタンパク質ノックアウトを達成しました。 ノックアウトスコアが87%のU2OS細胞で、表面タンパク質がノックアウトされた細胞プールが生成されました(左パネル、フレームシフト変異または21ヌクレオチド以上のいずれか大きいインデルの割合で、ICEで分析)。 このタンパク質のレベルをフローサイトメトリーで分析し(青)、野生型と比較して95%減少しました(緑、右パネル)。 陰性対照サンプルは、アイソタイプ対照抗体(紫色)で染色されました。 Eurofins-DiscoverXが提供するデータ。

製品内容

2 vials of ノックアウト細胞プール(1M cells/vial)

2 vials of 野生型細胞(1M cells/vial)
 (Cas9またはguide不含のエレクトロポレーション済み細胞)

Indel & Knockout Report

Certificate of Analysis

CRISPRノックアウト細胞クローン

確認済みシーケンスのノックアウトクローン細胞株の受託作成

ノックアウトクローンの作成する時間と労力を省略でできます。

遺伝子組み換えCRISPRノックアウト細胞を自分で生成することは、完了するまでに数か月かかる複雑なプロセスであり、成功を保証するものではありません。 お客様に代わり、Synthego社がノックアウトクローン細胞株を作成します。

SynthegoのCRISPRノックアウト細胞クローンは、わずか10週間で、数百のヒト細胞株について目的の遺伝子ノックアウトと100%のシーケンス検証を実施します。

<ユーザーVoice>

For important projects where it's critical that we get the highest quality editing as quickly as possible, it makes the most sense to work with Synthego to have them engineer the cells for us. Their guaranteed editing efficiency made our decision to order Engineered Cells an easy one.
Leif Oxburgh, DVM, Ph.D.
Principal Investigator, Maine Medical Center

機能的成果を伴うノックアウトクローンの効率的な作成

機能的なMyoD1ノックアウト細胞クローンの作成。4つのsgRNAをテストして、C2C12細胞でMyoD1ノックアウトを作成するのに最適なsgRNAを特定しました(左)。sgRNA 2のパフォーマンスは最高で、ノックアウトスコアは80%を超えていました。6つのクローンを増殖し、遺伝子型を決定したところ、そのすべてがホモ接合または複合ヘテロ接合のノックアウトでした。MyoD1 KOはこれらの細胞の分化能力を破壊していました。(右)。

製品内容

2 ノックアウト細胞クローン(2 vials each: 1M cells/vial)

野生型細胞2 vials (1M cells/vial)
 (Cas9またはguide不含のエレクトロポレーション済み細胞)

Indel & Knockout Report

Certificate of Analysis

Advanced Cell

ご要望に合わせたゲノム編集細胞株の受託作成

標準的な編集細胞製品ではカバーできない細胞の編集ができます。

タグ配列、SNPの導入またはコドン改変、または難しい細胞株の編集のいずれでも、当社のAdvanced Cellsが役立ちます。

<ユーザーVoice>

I decided to use Synthego’s Engineered Cells to speed up my research and also get a higher success rate. The CRISPR data is pretty important for the project, so I want to get the highest quality results as quickly as possible.
Shanshan Wan
Research Scientist, NYU Langone Medical Center

CRISPRノックインクローンの高効率化とプロジェクト短時間化

CRISPRノックインクローンの迅速な生成。GFPカセットをsafe harbor遺伝子座にノックインするために使用され、50%以上のインデル頻度を達成するために使用された修飾sgRNA(左)。この高い編集効率により、正しいノックインを持つクローンを迅速かつ簡単に選択することができました。 分析したクローンの60%以上が、目的のノックインを持っていることが確認されました(右)。このプロジェクトは、注文から出荷までわずか11週間で完了しました。

価格・ご注文方法

「細胞株名」「ノックアウト遺伝子」を E-mail(synthego_crispr@arbrown.com)までご連絡下さい。

PAGE TOP