製品案内

  • カタログダウンロード
  • アプリケーションノート
  • キャンペーン情報はこちら
  • デモ機サンプルはこちら
  • 製品動画はこちら
  • 03-3545-5720(東京)
  • 06-6282-4004(大阪)
お問い合わせはこちら

Scientific Research and Innovation
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)研究
SARS-CoV-2研究支援ページ

Synthegoでは現在、SARS-CoV-2の病因、COVID-19パンデミックと戦うための潜在的な診断および治療アプローチを研究しているアカデミアおよびインダストリーの科学者と複数のコラボレーションに取り組んでいます。

Synthegoは、最先端のゲノムエンジニアリングツールへのアクセスを提供することにより、UCSFのQBI Coronavirus Research Group(QCRG)と共同で、SARS-CoV-2と相互作用し、彼らの最近のNatureの出版物「SARS-CoV-2タンパク質相互作用マップは薬物転用の標的を明らかにします。」と記載されているように潜在的な治療標的の解明に役立つヒトタンパク質の役割を調査しています。

SynthegoはFDAの承認を得たSHERLOCK CRISPR SARS-CoV-2 Rapid Diagnosticおよび最近開発されたポイントオブケアCOVID-19試験プロトコルSTOPCovidに主要なガイドRNA試薬を迅速に提供するための共同作業に取り組んできました。

COVID-19の研究開発を加速するゲノム工学ツール

COVID-19パンデミックは、世界中の研究および科学コミュニティからの緊急の対応につながっています。 科学コミュニティは、COVID-19の診断、治療、およびワクチンの迅速な開発を可能にする革新的なツールを必要としています。 Synthegoは、統合および工業化されたゲノムエンジニアリングファクトリーを利用して、最近のSARS-CoV-2レポートからの発見を効果的な研究ツールに迅速かつ効果的に翻訳することにより、この取り組みをサポートしています。

SARS-CoV-2 Guide RNAs

Advanced RNA

Cas13a(ウイルス検出)またはCas13d(in vivoウイルスターゲティング)のいずれかで利用可能なSARS-CoV-2 RNAゲノムをターゲットとするRNAをガイドします。 バイオインフォマティクスを駆使して80を超えるSARS-CoV-2 RNAサンプルからVirus Pathogen Resourceに提出された50の最適化されたガイドRNAを作成しました。

シーケンスダウンロードはこちら

ウイルスを識別するためにCas13a CRISPRベースの診断テスト(プロトコル)を発行したBroad InstituteとMITのFeng Zhang教授と共同研究者の初期の研究と、Cas13d CRISPRベースの潜在的な治療アプローチを開発したStanley Qi教授の研究室に刺激を与えられました。 Cas13の使用を開始する方法についての優れた入門書として、この非常に役立つFeng Zhangのラボからのヒントとコツをチェックしてください。

SARS-CoV-2 Human Interactome Gene Knockout Kits and Libraries

Gene Knockout Kit v2

3つまでのマルチガイドsgRNA デザインを備えたGene Knockout Kit v2でフラグメントの削除を誘発し、SARS-CoV-2 Interactome遺伝子を含むあらゆるヒトタンパク質コーディング遺伝子を確実にノックアウトします。

Gene Knockout Kitの詳細

SARS-CoV-2 Interactome Library

SARS-CoV-2ウイルスタンパク質と相互作用することが知られている330のヒトタンパク質をターゲットとする、事前定義されたアレイCRISPR sgRNA遺伝子ノックアウトライブラリ。新規コロナウイルスの病因の背後にある分子メカニズムへの洞察を得ます。最適なノックアウト効率を実現するSynthego独自のマルチガイドでデザインされています。

CRISPR Screening Librariesの詳細

Druggable SARS-CoV-2 Interactome Library

SARS-CoV-2ウイルスタンパク質と相互作用することが知られている63のドラッグ可能なヒトタンパク質をターゲットとする、事前定義されたアレイCRISPR sgRNA遺伝子ノックアウトライブラリ。新規コロナウイルスの潜在的な治療標的への洞察を得ます。最適なノックアウト効率を実現するSynthego独自のマルチガイドでデザインされています。

CRISPR Screening Librariesの詳細

Synthegoでは、最近のNatureの出版物“SARS-CoV-2タンパク質相互作用マップが薬物転用の標的を明らかにする.”をレビューした後、ウイルスと相互作用するタンパク質を混乱させる一連のCRISPR遺伝子ノックアウトツールを開発することに刺激を与えられました。 これは、UCSFNevan Krogan教授が率いる複数の機関による研究活動でした。
これにより、研究者がこれらの相互作用の機能的関連性を体系的に決定し、ドラッグ可能な遺伝子を標的とする抗ウイルス治療の検証画面を実施できるようになることを願っています。

最近のCOVID-19関連情報、リソースおよび文献リスト

CRISPR Office Hours: Keep Calm and CRISPR On During COVID-19

CRISPRオフィスアワー(毎週開催):ゲノムエンジニア、研究者、その他のライフサイエンスの専門家が毎週集まり、COVID-19パンデミックが科学と私たちの生活に与える影響について話し合うバーチャルフォーラムです。CRISPRオフィスアワーは、バーチャルラボ会議、同僚とのつながりを維持する機会、科学的情報を取得するための代替方法を共有する場所と考えてください。

CRISPR Office Hours参加する

過去のCRISPR Office Hours

CRISPR診断を使用したコロナウイルス検出

コロナウイルス病との戦いが激化するにつれて、CRISPRはこの戦いの最前線にいます。最近、Mammoth BiosciencesとFeng Zhang教授のSHERLOCKチームは、ウイルスRNAの高感度検出のためのCRISPRベースのプラットフォームを独自に報告しました。

The Bench Blog(日本語)

SHERLOCK診断を使用したCOVID-19のPOCT(Point-of-care testing)

Download Protocol

SARS-CoV-2をターゲットとするCas13ガイドRNAのバイオインフォマティクス設計

Synthegoのバイオインフォマティクスチームは、ゲノム工学研究者がCOVID-19パンデミックの迅速なソリューションを開発できるように、SARS-CoV-2のRNA配列を特にターゲットとするCRISPR-Cas13ガイドRNAをデザインしました。
治療開発用のCas13dガイドRNAと診断目的のCas13aガイドRNAの2種類のシーケンスがご自由にダウンロードできます。

Download Now

Learn More

科学者が自宅で効果的に作業するためのヒント

COVID-19のパンデミックは私たちの生活をひっくり返しました。特に研究室での作業に慣れている科学者にとって、家庭生活からのこの新しい仕事は困難な場合があります。このブログ投稿では、科学者が新しい作業ルーチンに効率的に移行するのに役立つヒントとリソースを提供します。

Keep Reading

Feng Lab SHERLOCK Cas13プロトコル(COVID-19 Dx用)

Download Protocol

PAGE TOP