製品案内

  • アプリケーションノート
  • キャンペーン情報はこちら
  • デモ機サンプルはこちら
  • 製品動画はこちら
  • 03-3545-5720(東京)
  • 06-6282-4004(大阪)
お問い合わせはこちら

接続式細胞培養容器 NICO®-1

接続式細胞培養容器 NICO®-1 革新的ベンチャービジネスプランコンテスト
いしかわ2016 最優秀賞受賞記念キャンペーン

細胞間相互作用を左右のウェルで同時観察

  • 今までにない横方向連結式の細胞培養容器です。双方の観察ができるため、細胞間相互作用の観察に適しています。
  • iPS細胞を用いた共培養や、異なる種類の細胞同士の相互作用、エクソソーム研究など多種多様な用途に使えます。そのため、本製品を用いた研究は、今までにない新たな研究結果をもたらします。

開発背景

昨今、細胞間伝達物質の研究が注目されています。例えば、がん細胞が分泌する物質が、 別の様々な細胞に作用して免疫抑制作用をもたらすと考えられていますが、この研究の ためには、ピペットを用いて分泌物質を含む上澄み液を回収し、別の細胞に添加する方 法が代表的ですが、細胞同士はお互いに会話をするようにして 細胞間伝達物質のやりとりを行うため、一方の伝達物質のみの 影響を観察する従来の研究方法では、明らかにできない現象が 存在します。また、従来の上下タイプ(トランスウエルタイプ) では、双方の細胞は同時観察できませんでした。その為、細胞同士が混じらない環境で、 双方の細胞を観察できる培養器具が必要とされるようになってきました。

本製品の利点

分泌物質が自然に移動できるので、実験系での人為的な作業による 影響を最小限に抑えられます。更にフィルターを使用することにより、細胞の 移動を防ぐことができます。フィルターは市販のフィルターが使用可能です。

製品のポイントと注意点

本体・カバー・共通蓋の説明

本体・カバー・共通蓋の説明図

製品のポイント

  • 本体はAとBの2種類があり、カバーと共通蓋は共用部品として使用できます。共通蓋は単体使用時に培養液が外にこぼれないようにするためです。
  • 観察面は顕微鏡の観察に支障が出ないように微細な凹凸もないように最後は金型を鏡面に磨き上げています
  • 傷付き防止の為に0.1个涼丙垢鮴澆韻特屬い浸に観察面にキズが付かないようにするためです。
  • 弊社販売のフィルター以外にも 市販の径13个離侫ルターが使用できます。フィルターは別売です。
  • 本体の内側底面には細胞が定着しやすいように処理を施しています。

注意点

観察には、倒立型顕微鏡を使用し てください。観察倍率は、20−40倍以下で観察ください。観察でき る倍率は、ご使用の顕微鏡レンズ に依存します。100倍等の高倍率 の観察には、向きません。高倍率用NICO-1 は、今後発売を予定しております。

嵌合と液止め構造の説明

)楝里鯤燭蕕幣貊蠅肪屬い導橡楝里鯡隶の方向にスライドさせます。

∩淨ガイドにより所定の位置に矯正されながら橙色の2本のツメが緑色の凸部を乗り越えます。

嵌合と液止め構造の説明

図の位置で止まります。2本のツメを完全に元の形状に復元させないことで常に緑色の凸部を引き寄せていることにより、締めつけを維持させています。

Oリング部
本体A・BがOリングを押さえつけることでOリングが4方向にしっかり密着して液漏れを防止することができます。


使用方法の説明

単体使用

それぞれ別々の培養条件や異なる細胞を用いて培養が可能です。その後、任意の時点で、接続することができます。

単体使用

アダプターはスライドグラスサイズのため、既存の観察機器が使用可能です。

培養上清を共有できます。それぞれの細胞の 反応を、底面から観察できます。

パッケージの説明

Oリングは輸送中に所定の位置から外れないように フィルムをシールをして外れないようにしています。 またOリングが取り出しやすいように摘み易い形状 としています。

各部品が取り出し易いように赤枠の指が入る スペースを設けています。

動画

細胞がEMT(Epithelial-Mesenchymal-Transition)様の形態変化を来してスフェロイドを 形成する過程をタイムラプス撮影。細胞間相互作用により互いに連携しながら今後スフェロイドを形成。

条件:20x、接続式培養容器NICO-1、20分間隔で90時間撮影 

ご提供:金沢医科大学 総合医学研究所 先端医療研究領域 島崎 猛夫先生

PAGE TOP