製品案内

  • アプリケーションノート
  • キャンペーン情報はこちら
  • デモ機サンプルはこちら
  • 製品動画はこちら
  • 03-3545-5720(東京)
  • 06-6282-4004(大阪)
お問い合わせはこちら

mScript™ mRNA Production System

T7 mScript™ standard mRNA Production Systemは、キャップ化かつポリアデニニル(poly A)化mRNAを簡単かつ迅速に作製する優れたシステムです。高収量のT7転写システムをベースにしており、100%のキャップ化mRNAを高収量に作製するのに必要な試薬はキットに全て含まれますので、テンプレートDNAのみが必要になります。

T7 mScript™ standard mRNA Production Systemは、通常のco-transcriptional mRNA 作製方法と異なりキャップ化工程とin vitro転写工程はそれぞれ独立しています。高価で効率の悪いcap analogを用いる代わりに、T7 mScript™ standard mRNA Production Systemは、100%のキャップ化及びキャップの適切な配置を確実にするVaccinia virus由来のScriptCap capping酵素を使用します。さらにキットにはScriptCap™ 2'-O-Methyltransferase酵素を含み、翻訳を促進するCap 1構造を作製します。

キャップ化後、キットに含まれるA-Plus™ poly(A) polymerase により希望の長さのpoly(A) tailsを付加できます。収量は約60μgで、作製されたmRNAはトランスフェクション、マイクロインジェクション、in vitro 翻訳は使用できます。

mScript™ provides better in vivo translation

mScript™ mRNA produces more luciferase activity than co-transcriptionally capped mRNA.

Equal amounts of mScript™-produced Cap 0-capped RNA, Cap 1-capped RNA, and Cap 0 mRNA produced co-transcriptionally with standard cap analog (Std CA) or anti-reverse cap analog (ARCA) were transfected into HeLa cells, NIH3T3 cells, and BDCM cells. In vivo protein expression was measured by determining the average RLU per microgram of total protein for each cell type 24 hours after transfection. The RLU data is normalized to the activity obtained from the mScript™ Cap 0-capped RNA (100%).

Advantages

  • 100% capping:ほとんど全ての転写産物がキャップ化されます(co-transcriptional systemは<80%の効率です)
  • capの100%適切な配置:通常のco-transcriptional systemはcap analogを使用します。Cap analogは反対の配置で組み込まれる可能性があります。これにより翻訳効率が下がります。
  • Cap 1 構造:T7 mScript™systemは、翻訳を促進する構造を作製する唯一のmRNA作製システムです。Cap 1 mRNA はin vivoでの翻訳効率を~50%あげます。
  • Yield:in vitro転写とキャッピングの工程の分離によりco-transcriptional systemよりも高収量のmRNAを作製できます。
  • Your time:他社のキットと同じ時間でより高収量、高効率のcapped RNAが得られ、より良い in vivo翻訳効率が得られます。
商品名 Cat.No. Size
T7 mScript™ standard mRNA Production System C-MSC11610 10 Reactions
C-MSC100625 25 Reactions

PAGE TOP