製品案内

  • アプリケーションノート
  • キャンペーン情報はこちら
  • デモ機サンプルはこちら
  • 製品動画はこちら
  • 03-3545-5720(東京)
  • 06-6282-4004(大阪)
お問い合わせはこちら

長寿ゲル・ゲル製作キット及び泳動用緩衝材

電気泳動用プレキャストゲル

  • 保存期間365日で驚異の寿命
  • ガラスプレート採用でシャープな泳動像
  • プレートサイズ100 mm × 100 mm 200 mm × 200 mm(二次元用)
  • 核酸(DNA)からタンパク質まで泳動可能

ゲルの選択

分析したいサンプルが一定の範囲内に入る場合や分子量が接近したサンプルの分離を行う場合は、均一ゲルをご使用ください。

特徴

神経毒のアクリルアミドモノマーを扱わなくても、すぐ電気泳動をスタートできます。

ゲルの保存期間は、低温保存で12ヶ月(365日)保証いたします。

100 mm × 100 mmのガラスプレートサイズでほとんど全ての泳動槽に使用できます。

泳動バッファーにSDSを加えればSD-PAGE用となります。

核酸(DNA)分析にも多く使用されております。

仕様

プレートサイズ 100 mm × 100 mm
コーム数 13、17、二次元
ゲルサイズ 85 × 90 mm
ウエル容量 約30 μL
ゲル厚さ 1 mm
保存期間 4℃、12ヶ月

※お試しサンプル(12検体)をご希望の方はお問い合わせからお申し込みください。

均一ゲル普及品

Cat. No. ゲル濃度(%) 分画分子量範囲 検体数 数量 価格
HON-075-13 7.5 5万〜20万 13 10枚入り \12,000
HON-075-17 7.5 5万〜20万 17
HON-100-13 10 2万〜15万 13
HON-100-17 10 2万〜15万 17
HON-125-13 12.5 2万〜10万 13
HON-125-17 12.5 2万〜10万 17
HON-125-2D 12.5 2万〜10万 二次元

均一ゲル特注品

Cat. No. ゲル濃度(%) 分画分子量範囲 検体数 数量 価格
HON-060-13 6 7万〜80万 13 10枚入り \18,000
HON-150-13 15 5千〜10万 13
HON-150-17 15 5千〜10万 17

グラディエントゲル普及品

Cat. No. ゲル濃度(%) 分画分子量範囲 検体数 数量 価格
HOG-0520-13 5〜20 1万〜20万 13 10枚入り \12,000
HOG-0520-17 5〜20 1万〜20万 17
HOG-0520-2D 5〜20 1万〜20万 二次元
HOG-1020-13 10〜20 1万〜15万 13
HOG-1020-17 10〜20 1万〜15万 17

電気泳動操作

  1. 泳動用バッファーを泳動槽の+電極が浸かるまで注ぐ。
    タンパク質:SDS入り泳動用バッファーの使用
    核酸(DNA):SDSなし泳動用バッファーの使用
  2. ゲルプレートを泳動装置にセットし、泳動装置を傾けてゲルの下端に残る気泡を抜く。
  3. 泳動用バッファーをゲルプレートの上端まで注入する。
  4. 泳動試料(サンプル)をウェルに注入する。
  5. 通電条件:20 mA/枚・泳動時間:約70分
  6. 染色:CBB染色または銀染色
    泳動バッファーの調製:25 mM Tris、192 mM Glycine、0.1% SDS、Tris 9.08 %、Glycine 43.23 %、SDS 3.00 g、純粋にて全量3Lにフィルアップする。

グラディエントゲル特注品・仕様

ゲルサイズ 200 mm × 200 mm
ゲル厚さ 1 mm
保存期間 4℃、12ヶ月
Cat. No. ゲル濃度(%) 分画分子量範囲 数量 価格
LPN-075 7.5 5万〜20万 5枚入り \25,000
LPN-100 10 2万〜15万
LPN-125 12.5 2万〜10万
  • 上記ゲルは、Laemmil法およびOmstein-Davis法に対応、泳動用バッファー液にSDS を添加することにより「SDS入り」タイプと同様に使用できます。分画分子量範囲は泳動条件によって変化しますので、上記の範囲は目安としてください。
  • 泳動条件:Davis法の場合0.25 mM Tris、0.192 mMol Glycine (pH 8.6)、Laemmil法の場合0.25 mMol Tris、0.192 mM Glycine、0.1% SDS
  • 泳動用緩衝液は再使用しないでください。
  • 通電条件:100 mm × 100 mmの場合は20 mA、60分

1.タンパク質用ゲル製作キット及び泳動用緩衝液

(1)タンパク質用ゲルキット

仕様

ゲル作製量 100 mm × 100 mmのゲルサイズは40 ml × 1本で4枚作製可能
200 mm × 200 mmのゲルサイズは40 ml × 1本で1枚作製可能
スタッキングゲル 10 cc × 5本付き
保存期間 冷凍12ヶ月
Cat. No. ゲル濃度(%) 分画分子量範囲 数量 価格
ORT-075 7.5 5万〜20万 40 ml × 5本 \13,000
ORT-100 10 4万〜15万
ORT-125 12.5 2万〜10万

※上記以外の濃度も製造可能ですので、ご連絡ください。

特徴

簡単な操作でゲル作製を行うことができます。

  • 不安定な過硫酸アンモニウム安定化。特殊ステックに含浸させ安定化させたAPSステックです
  • 全ての試薬が調合されている、調製不要タイプ
  • アクリルアミド、ビスアクリルアミド、TEMED、トリス、グリシンを含み、pH調製済みです
  • 再現性が高く、セットとして均一化製品なので、簡単に安価で作製できます
  • 神経毒に直接接触しないため安全に作製できます
  • 秤量操作が不要な溶液タイプなので、直接ボトルよりプレートに注入ができます
  • 手作りスタッキングゲル(ゲル濃度3%)キットも付いています

(2)タンパク質泳動用緩衝液

仕様

保存期間 15℃、12ヶ月
Cat. No. 成分 容量 価格
OTBE-10-S 25 mM Tris 1000 ml(10倍濃縮)1本 \12,000
192 mM Glycine
0.1% SDS
pH 8.4
Cat. No. 成分 容量 価格
OTBE-10-H 25 mM Tris 1000 ml(10倍濃縮)1本 \12,000
192 mM Glycine
pH調製HCl
PH 8.4
  • タンパク質専用緩衝液ですので、このまま各倍率に応じて薄めてご使用ください
  • 本試薬の使用については、「使用説明書」をご参照下さい 本試薬の使用については、「使用説明書」をご参照下さい
  • 上記電気泳動用緩衝液は全て調製済みですので、10倍に希釈するだけで使用可能です

2.DNA用ゲル製作キット及び泳動用緩衝液

(1)DNA用ゲルキット

仕様

ゲル作製量 100 mm × 100 mmのゲルサイズは40 ml × 1本で4枚作製可能
200 mm × 200 mmのゲルサイズは40 ml × 1本で1枚作製可能
スタッキングゲル 10 cc × 5本付き
保存期間 冷凍12ヶ月
Cat. No. ゲル濃度(%) 容量 価格
ORT-4A 4 40 ml × 5本 \13,000
ORT-5A 5
ORT-6A 6

特徴

簡単な操作でゲル作製を行うことができます

  • 不安定な過硫酸アンモニウム安定化。特殊ステックに含浸させ安定化させたAPSステックです
  • アクリルアミド、ビスアクリルアミド、TEMED、尿素、トリス、ホウ酸、EDTA2Naを含み、pH調製済みです
  • 神経毒に直接接触しないため安全に作製できます
  • 秤量操作が不要な溶液タイプなので、直接ボトルよりプレートに注入ができます
  • 手作りスタッキングゲル(ゲル濃度3%)キットも付いています

(2)DNA泳動用緩衝液

仕様

保存期間 15℃、12ヶ月
Cat. No. 成分 容量 価格
PTBE-80 40 mM Tris 1000 ml(10倍濃縮)1本 \12,000
20 mM 酢酸
1 mM EDTA
pH 8.1
Cat. No. 成分 容量 価格
PTBE-81 89 mM Tris 1000 ml(10倍濃縮)1本 \12,000
89 mM ホウ酸
2 mM EDTA
pH 8.3
  • DNA専用緩衝液ですので、このまま各倍率に応じて薄めてご使用ください
  • 本試薬の使用については、「使用説明書」をご参照下さい
  • 上記電気泳動用緩衝液は全て調製済みですので、10倍に希釈するだけで使用可能です

PAGE TOP