製品案内

  • アプリケーションノート
  • キャンペーン情報はこちら
  • デモ機サンプルはこちら
  • 製品動画はこちら
  • 03-3545-5720(東京)
  • 06-6282-4004(大阪)
お問い合わせはこちら

インキュベーター内で使用できる細胞蛍光セルヒストリーレコーダー

JuLI Stage

JuLI™ Stageは、細胞の画像解析と解析のために設計されたリアルタイムCHR(Cell History Recorder)です。JuLI™ Stageには、完全自動化されたx-y-zステージとマルチチャネル蛍光色素が装備されており、インキュベーター内のさまざまな細胞培養プレート(最大384ウェル)およびdディッシュからの細胞画像およびビデオを取得します。 また、明視野の画像から、コンフルエンス結果および増殖曲線を得ることができます。画像の取得から編集、動画の作成までをJuLI Stage1台で行えます。

JuLI™Stageで利用可能な主なアッセイは以下の通りです。 JuLI™ステージで撮影した画像や動画は、こちらで確認してください。

  • Wound healing(創傷アッセイ)
  • アポトーシス、細胞毒性
  • 細胞増殖
  • 蛍光発現
  • 3Dスフェロイド培養
  • ステムセルモニタリング
  • 細胞増殖モニタリング
  • 神経分化
  • 血管形成
  • マイクロ流路デバイスを用いた細胞培養

機能及び特徴

  • タイムラプスレコーディング
  • イメージステッチ(画像の結合)
  • イメージ、動画の編集
  • マルチチャンネル蛍光カラー(GFP, RFP, DAPI)
  • マルチウェルモニタリング(最大384ウェルプレート)
  • マルチポジションモニタリング
  • オートX-Y-Zステージ(X-Y stage, Z-stack)
  • リアルタイム動画撮影(フレームレート:10 fps)

インキュベーター内で使用できる細胞蛍光イメージングシステム

イメージステッチ 〜 2000以上のイメージを合わせることが可能

JuLI Stageは、イメージステッチにより複数の画像を繋ぎ合わせたイメージを取得することが出来ます。この機能により1ウェル全体の画像を取得できます。また、この機能を利用してモニタリングすることで3Dスフェロイドのモニタリングも可能です。

6 Well Dish、10x、40×53エリア

96 Well Dish、10x、8×10エリア

イメージ・動画の編集 〜 JuLI EDIT

JuLI EDITソフトウェアで画像及び動画の編集を行えます。
画像の編集ではコントラスト、明るさを変更できます。また、ワンクリックでバックグランドを均一にキャリブレートする機能も付いていて、プレートやディッシュの蓋に付着した水滴による影を取り除くことが出来ます。

(Background correction機能)

ワンクリックでバックグラウンドの補正が行えます。


動画の編集では、別々に撮影したプロジェクトを1つの動画に結合することができます。また、明視野と蛍光画像の比較、異なるウェル間での比較を行えるようにマトリックスを組むことも可能です。

PAGE TOP