製品案内

  • アプリケーションノート
  • キャンペーン情報はこちら
  • デモ機サンプルはこちら
  • 製品動画はこちら
  • 03-3545-5720(東京)
  • 06-6282-4004(大阪)
お問い合わせはこちら

AntiBIND™ Microplate【WHEATON社 ウイトン社】

Significantly increase your protein recovery at low concentrations

AntiBIND™ Microplateは、たんぱく質の非特異的結合を排除する親水性表面を作製するためにポリプロピレン表面全体を分子レベルで修飾する新しいテクノロジーを採用しています。 Advanced Plasma Treatment(APT)テクノロジーにより、クロマトグラフィーや長期間の保管においてタンパク質溶液へ移動する可能性のある浸出物、添加物を使用せず包括的な処理を行うことが出来ます。これにより低濃度でのたんぱく質の回収を増加させ、より正確で再現性の高い結果を得ることが出来ます。AntiBIND™ は、クロマトグラフィーや長期間におけるサンプルの保管、生物学的な分析に使用できます。

特 長

  • AntiBINDテクノロジーは、低濃度のタンパク質において吸着によるタンパク質のロスをなくし、高い回収が行えます。
  • Advanced Plasma Treatmentテクノロジーを使用することで、クロマトグラフィーにおいて測定に影響のあるコーティングや添加剤、離型剤を使用せずにポリプロピレン表面を親水性に変換します。
  • SBSやANSI dimensionに適合
  • 最も品質の高いポリプロピレン樹脂を使用
  • 底の形状はコニカル状になっており、回収と撹拌が効率よく行えます。
  • DNase/ RNaseフリー
  • GC/MSで有機抽出物のテスト済み

低タンパク質濃度で優れたパフォーマンス

AntiBINDは、分子レベルでポリプロピレン表面を親水性表面に修飾する新しいテクノロジーを採用しています。種々のタンパク質で試験した結果、AntiBINDの壁面とタンパク質の相互作用は、0.25 ng/cm²以下でした。一方で他社低結合プレートは2.0 ng/ cm²でした。このようにAntiBINDは、 優れた性能を示し、タンパク質を扱う際に最適な選択肢の1つとなります。

クロマトグラフィー溶媒での非特異的なタンパク質結合の排除

AntiBIND microplateは、均質なポリプロピレンを使用しており、有機溶媒を用いたときの添加剤や低分子成分のタンパク質溶液への浸出がおこりません。他社プレートでは成分の浸出がおこり、測定や分析を阻害します。他社プレートの低結合性能の剥離は性能を低下させ、プレート壁面へのタンパク質の吸着が増加させれます。LC/MSやどのクロマトグラフィーアプリケーションにも適しています。

製品 型番 入数/case
AntiBIND Microplates, 96 well plate, 0.5 mL W266020 20
W266022 40
W260024 120
AntiBIND Microplates, 96 well plate, 1 mL W266026 20
W266028 40
W266030 120
AntiBIND Microplates, 384 well plate, 120μL W266038 20
W266040 40
W266042 120
High Purity Sealing Mat 96 well plate Mat W266044 5
High Purity Sealing Mat 384 well plate Mat W266046 5

PAGE TOP