製品案内

  • アプリケーションノート
  • キャンペーン情報はこちら
  • デモ機サンプルはこちら
  • 製品動画はこちら
  • 03-3545-5720(東京)
  • 06-6282-4004(大阪)
お問い合わせはこちら

アグリスクリーンマイコトキシン検査

アグリスクリーンシリーズは検査対象のマイコトキシン濃度のコントロール(標準液)とサンプルを比較して検査するマイクロウェルフォーマットの直接競合法等のCD-ELISA法です。試料粉砕後メタノール(DONは蒸留水)でサンプルからマイコトキシンを抽出します。抽出されたマイコトキシンは酵素標識したマイコトキシン(基質)を抗体がコートされたウェルの中で混合されます。洗浄後、基質を加えて結合した検出抗体存在が色を変化させ、サンプルの色は付着した基質の量により変化します。赤の反応停止試薬を加えた後の溶液の色を観察します。青色反応は陰性、赤色反応は陽性となります。

仕様

型番 商品名 コントロール液 所要時間 Cross-reactivity テスト数
#8010 アグリスクリーン・アフラトキシン 20ppb 5分 全アフラトキシン
(B1、B2、G1、G2
〜18
#8310 アグリスクリーン・ DON 1ppm 10分 DON100%
( 3-acetylDON には反応しますが、他のトリコテセンには結合しません)
〜20
#8810

アグリスクリーン・フモニシン

5ppm 15分 全フモニシン
(B1、B2、B3
〜20
(認可) #8010 : AOAC Official Method #90.32 、 USDA/GIPSA #89-101
#8052 マイコトキシン抽出キット

検査手順

1 2 3 4
1. 100μLのコンジュゲートを赤色のマークがあるミキシングウェルへ加えます。 2. 100μLのコントロール液とサンプルをそれぞれミキシングウェルに加え、混ぜます。 3. 100μLの標識したサンプルを抗体ウエルに移します。インキュベートします。 4. 抗体ウエルから溶液を捨てます。
5 6 7 8
5. 脱イオン水又は蒸留水で5回念入りにウエルを洗います。 6. 残った溶液をペーパータオルに軽く叩いて抜き取ります。 7. 100μLの基質を各ウェルに加え、インキュベートします。 8. 100μLの反応停止液を加えます。
9      
9. 結果を読み取ります。      

PAGE TOP