ダウンロード

  • カタログダウンロード
  • epicentreプロトコールダウンロード
  • アプリケーションノート
  • 製品動画はこちら
  • 03-3545-5720(東京)
  • 06-6282-4004(大阪)
お問い合わせはこちら

アプリケーションノート

QuickExtract DNA Extraction Solution

PCR用のDNA抽出が簡単に、短時間で行うことができます。

DNA抽出が、なんと8分で完了。

動物組織、毛包組織、マウス尻尾、培養細胞、口腔細胞、etc.から DNA抽出が迅速に行えます。

たったこれだけの作業!!

DNA抽出

DNA抽出が非常に短時間で簡単にできます。

その後、PCRによるジェノタイピングが可能です。

    DNAの抽出量を上げるためには、下記図のClassic Protocolで

  • 65℃ 30分
  • マイクロアレイ
  • 98℃ 16分
  • 処理することでDNAの回収量を増やすことができます。

Classic Protocol

    Rapid Protocolよりも早い条件、

  • 65℃ 1分
  • 98℃ 2分
  • 合計 3分でもDNA抽出が可能です。

しかしながら組織によっては抽出が完了しない場合もあります。 (今回マウス肝臓を用いた場合、この条件下ではほとんど回収できませんでした)

QuickExtract Solutionで回収したものは−20℃で保存可能です(長期保存には−70℃)。

さらに、DNAの安定性も優れています。 安定性を証明するために、マウス肝臓からDNAを抽出し、37℃で4週間保存しました。 その後に、Epicentre社のPCR酵素(FailSafe)によりDNAサンプルを増幅したところ以下の結果が得られました。

DNAサンプルを増幅

  • Lane 1 : 100bpマーカー
  • Lane 2 : Classic Protcol
  • Lane 3 : Rapid Protcol
  • Lane 4 : テンプレートなし

IRF-1遺伝子の発現を確認しました。

Foward primer 5'-GCC CGG ACA CTT TCT CTG ATG-3'
Reverse primer 5'-AGA CTG CTG CTG ACG ACA CAC G

  • 95℃ 2分
    (※30サイクル)
  • 95℃ 30秒
  • 55℃ 30秒
  • 74℃ 30秒

マウス肝臓や尻尾であれば、DNAは長期間安定しています。 しかしながら抽出量を増やすためにはClassic Protcolを推奨します。

以下の実験は、
0.5mlのQuickExtract Solutionにサンプルを加え、

  • 65℃ 30分
  • 98℃ 15分

で、行ったものです。

サンプル

  • 口腔細胞(Catch-All Sample Collection Swabにより5回、回転した場合)
  • HeLa細胞1×104
  • 毛髪(毛包付) 0.5-1cm
  • マウス尻尾 0.5-1cm
  • E.coli(コロニーピックアップ)
  • 羽毛 0.5-1.0cm

増幅

  • FailSafeの系に、5μlかそれ以下を 使用して増幅した。

結果

  • DNAがそれぞれの組織や細胞から抽出できていること示しています。

それぞれの組織や細胞から抽出

QuickExtractの手法は、遠心なしで、スピンカラムや有毒な物質は使用しません。

PAGE TOP