ダウンロード

  • カタログダウンロード
  • epicentreプロトコールダウンロード
  • アプリケーションノート
  • 製品動画はこちら
  • 03-3545-5720(東京)
  • 06-6282-4004(大阪)
お問い合わせはこちら

アプリケーションノート

AmpliScribe T7-Flash Transcription Kit

DNAをIn vitro中でRNAに転写するには、テンプレートとなるDNAと、RNA合成酵素が必要となります。RNA合成酵素(ポリメラーゼ)で有名なものはT3,T7,SP6の3つで、それぞれファージ由来のものが用いられています。RNAポリメラーゼはプロモーターを認識してDNAからRNAを合成します。

AmpliScribe T7-Flash Transcription Kitは、In vitroでRNAを高効率で合成できるKitです。下記の試薬、T7由来のポリメラーゼと、DNAテンプレート、それぞれのNTP、バッファーを加えてから30分から数時間、処理することで、DNAからRNAを作製することが可能となっています。

AmpliScribe T7-Flash Transcription Kit

AmpliScribe T7-Flash Transcription Kitの特長は、短時間で高収量のRNAを作製・合成することが可能です。しかも、長い配列や短い配列も合成できます。作製したRNAは、

  • RNA interference (RNAi) 研究用長およびdsRNAの合成。
  • マイクロアレイ
  • RNA機能解析・構造解析
  • スプライシング及びプロセッシングの研究
  • Ribozyme研究、Anti-Sense RNA

に使用されます。

1.4 kbのテンプレートDNA( 1 μg)を用いた場合、160μg〜180 μgのRNAを30分で転写できます。

RNA Yield

また、DNAのテンプレートは0.1μg~3.0μgでインキュベーションの時間を調整することでRNAの合成することができます。

RNA Yield

それではRNAを合成するのにどのぐらいの長さまで作製できるのでしょうか。AmpliScribe T7-FlashTranscription Kitを使用してEpicentre社では9kbのRNAの合成した実績があります。また使用していただいた中で11kbという最長のデータもあります。逆に最短で26bpというデータもあります。

もちろん、AmpliScribe T7-Flash Transcription Kitで合成したRNAにCap化、Poly(A)を付加することも可能で、 T7 mScript Standard mRNA Production Systemで紹介したように以下の工程は行うことができます。

  1. 転写反応によりDNAからRNAを作製する
  2. 合成したRNAをCap化する
  3. RNAにPoly(A)を付ける

PAGE TOP